2021年IT導入補助金が2021年4月7日にスタートしました。
1次締め切りは2021年5月14日17時です。
仮に1次締め切りで不採択でも2次、3次とチャレンジが出来ますので、
早めの締め切り回からの申請がオススメです!

IT導入補助金とは

中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
※サービス等生産性向上IT導入支援事業HPより引用

という国の補助金です。

要旨だけを噛み砕いて言うと
生産性を高めることを目的に導入したITツールの初期導入費用と1年分の運用費用の最大半額が補助金で戻ってくる
というものです。
低感染リスク型ビジネス枠という特別枠のITツールの場合には、最大3分の2が補助されます。
(弊社SFA「Ecrea」も特別枠の対象ITツールとして登録されています)

Ecrea導入では以下に記載の補助率、補助金額での申請が可能です。

補助率・補助金額(D類型)

補助率:2/3以内
交付上限額:150万円以下(例:225万円の購入に対して150万円の補助)
交付下限額:30万円(例:45万円の購入に対して30万円の補助)
(225万を超える購入の場合は、補助上限額の150万円が補助、45万円未満の購入の場合は補助対象外となります)
※D類型で申請するにはクラウドサービスでのEcrea導入となります。
 オンプレミスの場合にはA類型での申請となります。

補助率・補助金額(A類型)

補助率:1/2以内
交付上限額:150万円未満(例:300万円の購入に対して149万9,999円の補助)
交付下限額:30万円(例:60万円の購入に対して30万円の補助)
(300万を超える購入の場合は、補助上限額の149万9,999円が補助、60万円未満の購入の場合は補助対象外となります)

交付申請期間

2021年交付申請期間
・1次公募:2021年4月7日~2021年5月14日17時(予定)→交付決定日:2021年6月15日(予定)
・2次公募:未定~2021年7月中(予定)→交付決定日:2021年8月中(予定)

IT導入補助金活用イメージ

IT導入補助金を使うことで、どれくらいSFAが手軽に導入できるのかをD類型での申請例を使ってご説明致します。

例)20名でEcreaを導入(Ecreaの機能は下記の通り)
顧客管理機能、活動管理機能、案件管理機能、グループウェア機能
20ライセンスをクラウドサービスで導入

導入サポートは
運用項目の設定を支援するEcrea導入コンサルティング※
利用者向けの操作方法をレクチャーする操作研修※
を実施した場合とします。

※いずれも任意メニューです。

商品名

価格(税抜)

Ecrea(クラウド月額利用料)

2,500円×20ライセンス=50,000円

クラウド年間利用料合計

50,000×12ヶ月=600,000円・・・①

導入サポート(任意メニュー)

350,000円・・・② (Ecrea導入コンサルティング(25万円)と操作研修(10万円)を実施)

初年度費用

①+②=950,000円

IT導入補助金受給額

633,333円(95万円の導入金額に対して2/3が補助されます)

初年度実質負担費用

316,667円
※2年目からのクラウド利用料は補助対象外です。
 また、2年目からのお支払いについては、年間一括ではなく、月額口座振替への変更も可能です。

IT導入補助金を利用することで上の表の通り、初年度(1年目)の費用を大幅に抑えながら、営業生産性を高める一手を打つことが可能となります。

IT導入補助金の申請から受給までの流れ

IT導入補助金2021全体フロー

上図のとおり、申請や実績報告などは全てインターネットを利用したポータルサイトを使い、補助事業者(お客様)とIT導入支援事業者(エクレアラボ)の2社が協力して行います。
またIT導入補助金利用企業は3回の経過報告をしなければなりませんが、申請時に設定した生産性向上計画に対する実績等をポータルサイトから簡単に報告するのみです。

補助金というと申請や報告の手間ばかりかかるというイメージがあるかもしれませんが、IT導入補助金は企業に負担をかけることなく生産性UPを図ることができる補助金と言えるでしょう。

お問い合わせ

IT導入補助金を用いたツール導入をご検討の場合は、お問合せフォームの「メッセージ本文」に「IT導入補助金について詳しく知りたい」とご記入くださいませ。