部下のやる気を引き出すコミュニケーション術

部下、社員を褒める時、

皆様はどのようなアプローチをとられますか?

「よくやった!」

「そうじゃないだろ!」

「○○君(さん)はやっぱり凄いな~」

「何回同じミスをするんだ!アホか!お前がダメなのは
 親のしつけが悪かったんだな」

※最後のはちょっと言い過ぎな表現ですが、私が実際に以前の職場で指導を受ける際に言われた内容です(^^;)

怒らずに叱れ

叱るよりも褒めろ

などなど、部下指導においては様々な理論があり、沢山の本が出版されていますので詳しいことは割愛します。

大切なことは社員や部下の適性に応じて

適切な指導スタンスをとれているか

です。

よくやった!さすが!凄いね!

といったアプローチでは喜ばない社員もいます。

分析肌や決められたことをきっちりやるタイプにはどうやら「貴方は会社にいなくては存在」といったアプローチがいいようです。

逆に飛び込み楽勝、テレアポウェルカムといったイケイケ社員の場合には「よくやった!流石!」といった行動を褒めるアプローチがいいようです。

【質問】社員、部下の適性に合わせた指導をしてますか?

以前、当ブログでも書きましたが「営業適正診断」というものがあって、今回の内容はそこからの受け売りです(^^;)

心理学に基づいて作られ、何万人ものモニター試験(?)をして作られたものらしく、「確かにな~」と思わせられることが多々ありました。

ご興味ある方はご連絡ください♪

適正診断は2,000円で受けることができます。

関連記事

  1. スイッチングコストってたいしたことないぞ!

  2. 現代に求められる営業スタイルとは?~パートナー営業の考え方~

  3. 営業パーソンはメルマガを書くだけでウッハウハ!?

  4. 経営者は極上のスキルを持ってなくてもいい、けど・・・

  5. 買いたいっていう人に買わせませんでした

  6. 営業手法、今と昔