自分を強くする方法

こんにちは!エクレアラボ営業部の大川です。

TVでお笑い番組や大好きなJリーグを観戦していると、ふと思うことがあります。

「この芸人さんってこんな面白かったっけ?」
「この選手ってこんなに上手だったっけ?」

芸人さんで言えば、よく一発屋と呼ばれる人達がいますよね?
ただ一発屋に終わらず、生き残っていく芸人さんもいらっしゃいます。

そういう人たちは芸が売れて、これまでとはレベルの違うステージに突然立たされてしまうことになります。

一発屋で終わらない人やプロと呼ばれる世界の第一線で残る人はきっとこの「レベルの厳しい環境」に身を置くことへの抵抗感がなく、尚且つ適応レベルが高いのだと思います。

私が憧れているプロサッカー選手の本田圭佑選手がインタビューでこんなことを言ってました。

記者 :
ビッグクラブに行けたら(サッカー強豪国との)壁を少しは超えられるのか?

本田選手:
少しどころじゃないと思います。僕がレアル・マドリー(世界No.1クラブ)に行けたら、計り知れないプレッシャーが待っていると思うし、僕は特に環境先行型なので、自分よりレベルの高いところでやることでいろんなことを吸収して、今ここにいます。

この中の・・・
僕は特に環境先行型なので、自分よりレベルの高いところでやることでいろんなことを吸収して、今ここにいます。
このフレーズに痺れました(^^;)

レベルの高いステージに身を置けることを「ちょっと気が引けるな・・・・」と考えるのか
「レベルの高い人から吸収するチャンス!」と考えるかでその後の成長度合いが大きく異なるはずです。

一発屋で終わらない芸人さんもこういったメンタリティーを持って、レベルの高いステージでも一流芸人と遜色ない笑いを引き起こすテクニックやスキルを身に付けていっているのです。

【質問】レベルの高い仕事を成長のチャンスと捉え、喜んで、前向きに取り組んでいますか?

レベルの高い仕事が求められるな、、、、というのも最初はプレッシャーですが慣れてしまえばいいだけです。

やったことがないけど面白そう!という自分の中のワクワク感を大切にしていきましょう。

関連記事

  1. 営業トークや営業スキルより大切なこと

  2. 顧客との接点回数が大切~一流の営業パーソンはお客様から宿題をもらうのが…

  3. 日々の決断で現在がある

  4. お客様と営業マン、どっちが偉い!?

  5. やらないこと、いや任せることを決めよう

  6. 仮説構築で擬似商談を積み上げろ!