自分にガッカリしてナンボ

私は営業のロールプレイングというトレーニングが大嫌いでした。
ロールプレイングとは社内の人間(主に上司)を見込客とみなして、仮想商談を行い
「もっとこういう風な説明をしたい方がいい」
とか
「この場合は傾聴した方がいい」
とか
色々フィードバックをもらって営業スキルを向上させるトレーニングです。
これが苦手で苦手で・・・。
社内の人が相手だと緊張してしまっていつも通りにやれないんですよね。
で、今になって思うことは
「社内の人相手に出来ないことがお客様相手に出来るわけがない」
ということです。
で、なぜ私が苦手だったのかが最近になってわかりました。
きっと私は社内の人(上司)から「コイツ(大川)っていっつもこんな商談しているのか。ショボいな~」と思われたくなかったのです。
自分にガッカリすることが不安で、挑戦することにビビッていたのです。
新たなこと、少しハードルが高いことに挑戦するとたいていは失敗します。
失敗=ダサいとばかり考えてしまって挑戦できなかったのが以前までの私です。
でも最近はこうやって考えてます。
失敗=自分の大きさを認識できる=何をするべきかがわかる=頑張れる!
成長とはこんな方程式なのかな~というのがボンヤリ理解できてきました。
【質問】
挑戦してますか?
期待するから失望したり、されるのですが、期待は良くも悪くも裏切ってナンボということですね。

関連記事

  1. たかが名刺交換、されど名刺交換。

  2. こと細かな商品説明は営業活動において重要??

  3. 今の営業マンに必要なチカラ

  4. 営業日報は必要なの?

  5. 営業スタイル、現代版にシフトしてます??

  6. 営業の初回面談で大切なコト