営業パーソンはメルマガを書くだけでウッハウハ!?

こんにちは、エクレアラボ営業部です!

当ブログをご覧の皆さんはこれまでに「メルマガ」を書いたことはありますか?
私はエクレアラボで3社目ですが、2社目で営業職として転職した会社で営業活動している時からメルマガを書くようになりました。
新卒で入った会社はソコソコの規模で、会社としてメルマガを発行していたので、メルマガは・・・・
・マーケティング部門とか経営企画室とか、スタッフ部門が書くものだろう
・書いても俺の受注が増えるものか
・そもそも何を書けばいいんだ
といった理由からまったく書いたことがなかったのですが、せっかく名刺交換したのであればそのお客様が必要とされるであろう情報をメールでお届けできれば、後々、何かあったら私のことを思い出してくれるのではないかと考え、書くようになりました。

で、ここで結論ですが営業パーソンであれば「メルマガは書いた方がイイ!」です。
その理由としましては・・・・
・名刺交換して、それ以来お会いしていなかったお客様からも返信がきたりして、メールで交流を深められる
・実はお客様の社内で参考情報として転送されていたりする
といったことが私自身の体験として実際に起こったからです。

エクレアブログ20141130

とはいえ、いざメルマガをやろう!と思った時のエンジンのかからのなさといったら、、、、という感じでした(^^;)
やっぱり私のような経験も知識もまだまだ浅い人間だと、「人に情報を提供するなんて、、、おこがましい」という気持ちが心にブレーキをかけてしまい、中々実際にメルマガを書くというアクションを起こすことが出来なかった記憶があります。

エクレアブログ20141130‗2

ではどうやってメルマガを定期発行するに至ったかというと、次のルールを自分に課しました。
その1.メルマガをやめたくなったらやめればいーじゃん
その2.まずは2週間に1回送ろう(最終的には1週間に1回になりました)
その3.45分以内に書くことができる品質とボリュームにしよう

このようなルールを設けたところ、心がすっきりして、特にその1のおかげでかなり楽な気持ちで取り組めました(^^;)

そして最後にメルマガ作成のコツというかテクニックですが
・テーマは自分が好きなコト&お客様のタメになりそうなこと
 →私の場合は「世の中の営業部門をいっぱい見てきて、その中での成功例、悪い例」というのを体系化して書くことを意識しました。
・必ずしも皆さん(メルマガ筆者)が専門家でなくてもOK。
 →私は「皆さんの場合、こういう事象をどう考えますか?」という回答を求めるようなメルマガをよく書いてました。
・メルマガソフトはフリーのものや有料でも月々500~1,500円くらいのがあるので、それを使う。
・名刺交換した日にお客様の名刺をメルマガ送付リストに入力すること
 →でないと送信リストがいつまでたっても増えないため。

こんな感じです。

あと、メルマガのテンプレートなどは弊社でも無料で提供していますので、もしご希望の方がいらっしゃればお問い合せフォームに「メルマガテンプレート希望」とご記入の上、お問い合せくださいませ!

まとまりのない文章となってしまいましたが、要するに軽い気持ちで書けばいいのです。
そうするだけでお客様から見たら「あの人って偉いな~」とか「あの人って色んなことを知ってそうだな~」とブランディングされていくわけです。

メルマガやってみたいけど、もっとコツを知りたいという方もどうぞお気軽にお問い合せくださいませ!
私の苦労話でよければいくらでもお話しますよ(笑)

関連記事

  1. 大川のコミュニケーション失敗談

  2. もっと簡単に取引先は増やせるのに・・・

  3. なんで売上目標に届かないのだろう?

  4. メルマガを書いてないと不安すぎる・・・

  5. やらないこと、いや任せることを決めよう

  6. FAXDM不発にみるデータの重要性