今の営業マンに必要なチカラ

昔の営業マンに必要なチカラは

「数≒量」

でした。

・訪問数
・テレアポ数
・提案数
・同一顧客への訪問数(泣き落とし営業) 
・自社商品やサービスの知識、情報量
・他社商品やサービスの情報量  などなど

なぜこのような「活動量」が大切だったかというと・・・

以前のブログをご覧ください(^_^;)
https://ecrea.co.jp/blog/sales/1860/

では今の営業マンに必要なチカラは何なのかというと

「質」

と言いたいところですが、

『サービス力』

だと私は考えています。まぁ要するに質なのですが(笑)

・ちょうどオタクの商品を検討しようと
 思ってたんだよー!というタイミングで連絡する気の利いたアプローチ

・顧客の期待を超える想像以上の提案を行う提案力

・担当の営業マンだけでなく、社内の誰もが顧客に
 対応できる全社横断的な顧客理解力  などなど

これらすべてを私は「サービス力」と表現しています。

そもそも営業マンというネーミングが今の時代、どないやねんって

思ってたりしてます(^_^;)

【質問】営業マンではなくサービスマンって考えたら
    もっとお客様にやってあげられることはありませんか?

営業マンにとって売ることは1つの目的です。

ただその目的に到達する過程で

「お客様を幸せにする(幸せになりそうな予感をさせる)」

ことが現代の営業マンには必要です。

関連記事

  1. マニュアル対応の限界

  2. イメージをもって臨んでいるか?

  3. Push型営業の肝とは?

  4. 営業パーソンはメルマガを書くだけでウッハウハ!?

  5. まだまだやれるよね?

  6. やめたければやめればいい