やらないこと、いや任せることを決めよう

受注・契約を増やそうと考えた時、やるべきこと、いや正確には「やった方がいいこと」ってどんなことがあるでしょうか?

・ホームページの充実

・お問い合せを増やすためのメルマガやイベント告知

・お問い合せに対して発送する資料の充実

・提案書の質と作成スピードの向上

・見積算出のスピードUP

・営業活動の分析

・対応漏れ顧客のチェック・・・・・

「ありすぎて書ききれん!!!」というのが今の私の気持ちです^_^;

ここに書いたことは全てやった方がいいに決まっています。

けど時間がそれを許してくれません。

じゃあどうするのか?というと次のように考えてみましょう。

1.まず「やった方がいいこと」を全て書き出す

2.その中から「やっても大して受注には関係しないっぽいこと」を消し込みます

3.さらにその次に「誰かに任せられること」をピックアップします。

これだけです。

この中で「誰かに任せられることのピックアップ」が重要です。

もっと言うと

「誰かに任せられること」というのが

もしかしたら

「誰かに任せられるかもしれないこと」かもしれません。

「かも」がつく場合はどうやれば任せられるのかと考えなければなりませんが、この思考の過程こそが営業をシクミ化することの第一歩です。

【質問】自分じゃなくて他の誰かにお願いできることってありませんか?

営業マンはお客様とパートナーになるための提案力をはじめとしたコミュニケーション力を磨くことに注力しなければならないと私は考えてます。

そして、それ以外は出来る限り誰かに任せるべきです。

ではどうやって任せるのか?というと・・・・

女性スタッフを戦力化した事例セミナーを公開します!

https://ecrea.co.jp/seminar/seminar-info/1972/

このセミナーでゲスト講師(大阪本社)が東京進出した際に女性パート社員のみで見込客を集めた秘訣を語っていただきます。

残り1席です。

正社員を雇うことなく、戦力拡大することにご興味あればお早めにお申込みください!

https://ecrea.co.jp/seminar/seminar-info/1972/

関連記事

  1. お客様が商談でワクワクしたら取引に繋がる!?

  2. 経営者は極上のスキルを持ってなくてもいい、けど・・・

  3. メルマガを書いてないと不安すぎる・・・

  4. メルマガの書き方

  5. Wifi活用でどこでも仕事場?

  6. マニュアル対応の限界