• SFA

SFA検討時に整理する情報「環境編」~クラウドはなぜオススメ?~

~検討時に整理する情報「環境・番外編 其の弐」~

こんにちは、エクレアラボの高山です!

本日も、SFA導入の検討手順や運用時の注意点などについて、我々の持っているノウハウを
皆様にお伝えしていきます。

第4回のテーマは

~検討時に整理する情報「環境・番外編 其の弐」~

です。

前回のブログでは、SFA導入形態の買取型(オンプレミス)のメリット・デメリットについて
お伝えしました。

番外編其の弐では、クラウド型のメリット・デメリットについてお伝えします。 

<SFA クラウドのメリット>

ソフトウェアを購入せず、SFAメーカーの提供するクラウドサービスを利用するクラウド型のメリットは

 ①初期投資費用が買取型よりも抑えやすい

②月単位での柔軟な利用ライセンスの変更が可能

③サーバー管理者の人員コスト、サーバー保守費、サーバートラブル対応が不要

④外出先からのアクセス時に社内サーバーアクセスのためのセキュリティ対策の検討が不要

⑤バージョンアップ時は、自動でアップデートされるため、利用企業側でのアップデート作業が不要

サーバー準備やソフトウェア購入が必要がないため、初期投資を買取型と比べて、
抑えられるのは、分かりやすいメリットですが、昨今のセキュリティ事情では、
社内サーバーへのアクセス対策をしなくてもいいということが、企業セキュリティ上も
メリットが大きいと判断されるケースも増えてきました。

また、利用人数が少ない企業では、買取型でお伝えした5年間の累計コストを比較した場合でも
サーバー購入費用などが発生しない分、5年間の毎月発生するクラウド費用を累計させても
クラウドの方がコストメリットが大きいケースも多いです。 

<SFA クラウドのデメリット>

では、クラウドのデメリットについても挙げていきます。

 ①利用し続ける限りランニングコストが発生する

②解約した時に、自社内にはCSVで出力した情報以外には残らない
(CSV出力機能を実装していないシステムもありますので、要確認!)

①のランニングコストについては、買取型との累計コスト比較によっては、
クラウドサービスで発生するコストの方が安い可能性もありますので、
一概にデメリットとは言えない部分もありますが
30名以上で利用するような場合には、ソフトウェアを購入した方が
コスト安になる可能性は高いですね。

もちろん、クラウド型は、ハードウェアの管理を自社でしなくてもいいという
目に見えにくい人的コストが軽減されるため、システム導入や利用で発生する費用のみでは
比較しづらい部分もあります。

30名以上で利用する場合でも、自社にサーバーを管理出来る人材がいない場合には
管理出来る人材を雇用するぐらいなら、クラウドサービスを利用する方がコストメリットも大きいですね。

上記から、中小企業やサーバー管理をしたくない企業はクラウド型での検討が主軸となります! 

SFA導入形態のまとめ

前回と今回の内容から、SFA導入形態として、買取にするのかクラウドにするのかの判断基準としては

①何人で利用するのかを整理して、SFA導入費用を5年間で計算する。

②サーバー管理を自社の人材で対応するかどうかを検討する。

③外出先からのアクセス時のセキュリティについてを考えて、
 自社内にサーバーを構築するのかどうか等の最適なサーバー環境を選択する。

以上の3点から、買取にするのかクラウドにするのかを判断しましょう。

 

買取orクラウド2

 

過去のSFA運用・導入に関する記事はコチラをクリックしてください。

関連記事

  1. IT導入補助金難しい

    IT導入補助金の申請は難しいと思っていませんか?

  2. 2018IT導入補助金事業者説明会

    2018年IT導入補助金の支援事業者向け説明会に参加してきました!

  3. 「SFA」と「CRM」の違いって何?

  4. SFAで疑似体験

    SFA運用体験記 ~疑似体験半端なーい!~

  5. SFA運用失敗 パターン3~コメント機能を侮るな!?~

  6. SFA運用失敗 パターン1~運用キーマンがカギを握っている!?~