• SFA

SFA運用体験記 ~疲れを察知するバロメーター~

SFA運用疲れ察知

こんにちは!(自称)日本一背が高いSFAコンサルタントの高山です!

本日はSFA(営業支援システム)運用体験記として私の体験談をご紹介します。

年末に向けて業務量は増加傾向

これから年末に向けた営業予算達成に向けた最後のひと頑張りを
される企業も多いのではないでしょうか?
それとあわせて、取引先との忘年会シーズンにも突入します。

日中も夜も忙しくなりがちなこの時期は、業務量も増えて
疲れがたまりやすくなります。
そんな時期に、疲れている人のSFAの運用に
変化があらわれることがあります。

それは、入力内容の「誤字」「脱字」です。

誤字脱字の増加?

疲れていると注意力が散漫になり、普段丁寧に仕事をしている人でも
ちょっとしたことに気が付かなくなることがあります。
それがSFAのテキスト入力項目の誤字や脱字として表れるのです。

普段は、誤字脱字のない入力をしている人の入力内容に

「最近、誤字脱字が増えた?」

と周囲が感じるようなことがあれば、疲れがたまっているのかもしれません。
そんな人を見かけたら、一言声をかけてあげるといいですね

sfa%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%9f%e3%82%b9

あっ、もちろん、疲れていてもいなくても、普段から誤字脱字をするような
人もいますが・・・
そんな人は、見積書や提案書にも誤字脱字をすることが多いですから
違う意味でケアが必要ですね(笑)

SFAを活用した未来を想像する

疲れを察知する一つのバロメーターとして、SFAが役に立つこともあります。

関連記事

  1. スマートSMEサポーター

    スマートSMEサポーター(情報処理支援機関)に認定!

  2. SFAで疑似体験

    SFA運用体験記 ~疑似体験半端なーい!~

  3. 大企業の営業支援システム(SFA)の活用ポイント

  4. 中小企業~中堅企業の営業支援システム(SFA)の活用ポイント

  5. SFA導入ガイド~ガッツリ検討編~

  6. 小さな会社の営業支援システム(SFA)の活用ポイント